ハウスダスト

ハウスダストの正体は、ダニ・細菌・カビ・花粉の混合チーム。健康のためには、花粉やハウスダストをお部屋に溜めないことが大切です。時間をかけずにお部屋のホコリをかんたんに取り除くお掃除のポイントを、研究データとともにご紹介します。

ハウスダストの流れ

ハウスダストの正体

ハウスダストって何?

目にはほとんど見えない微細のホコリのことで、そのなかにはダニの死がい、フン、カビ、花粉、繊維クズなどが含まれています。

これらは空気中に舞い上がりやすく、体内に入るとアレルギー症状やぜんそく等の原因になります。 (特にダニやカビは人体に有害) アレルギーは一度発症すると完治しにくいので、小さなお子さんの生活環境には注意が必要です。

ハウスダストに気づいてますか?

見えなくてもホコリの中にはハウスダストがいっぱい!

ハウスダストの中には、肉眼で見えない気になる物質がたくさん含まれています。

ホコリの種類と大きさホコリ1グラムの中に・・ダニ 1,000匹、カビ 13万匹、細菌 3,000万匹

ハウスダストに含まれている気になる物質

子育て中のお母さんにとって気がかりなハウスダスト。その中には何が含まれていて、ご家庭では、どんなことに気をつければいいのでしょうか?

細菌

細菌

大変小さいため肉眼では見えませんが、ハウスダストの中に大量に含まれていることも。ダニのエサになる場合もあります。
細菌

花粉

衣類についたり、風に運ばれてお部屋へ・・。春先のスギ、初夏のブタクサなど、季節によって飛散する花粉が異なります。
黒カビ

黒カビ

繁殖力が強く、空気中に菌糸や胞子をばらまきます。湿気の高い梅雨や、冬場の結露などもカビを発生させる原因に・・。
ダニ

ダニ

お部屋にいるダニの大半は、体長1mm以下のチリダニ。細かい粉となった死がいやフンも、ハウスダストに含まれています。
プロが教えるダニ対策

今のお掃除で大丈夫?

ハウスダスト対策のために大切なお掃除。お部屋のホコリをかんたんに取り除いて、家族の健康を守るお掃除のヒントを、研究データとともにご紹介します。

ハウスダストが溜まる場所

お部屋のホコリ分布図

室内に舞うハウスダスト。たまっているのは、お部屋のこんな場所

ハウスダストは、常に家中を舞い続けています。その中でも粒子が小さいものは半永久的に舞い続け、大きなものは床面や棚の上に落ちていきます。そして、床面や棚の上に落ちたハウスダストは、、積み重なって目に見えるホコリに。そのホコリが特にたまりやすいのは、廊下やトイレなど狭く仕切られている空間です。

お部屋のハウスダストは出来るだけ取り除きたいものですが、忙しい日常生活の中で、お掃除にかけられる時間は限られています。

左の「お部屋のホコリ分布図」を参考にしていただき、ハウスダストの多い場所を中心にお掃除していきましょう。

ハウスダストの量にあわせてお掃除

室内の高さによるホコリの違い

ハウスダストの量にあわせて効率よく、お掃除を

お部屋によってホコリ量に違いがあるように、高さによってもその量は異なります。たとえば、粒子の大きなハウスダストは、高いところに舞い上げられないため、背の高い家具の上などはホコリの量が少なくなる傾向があるのです。

ホコリが一番たまりやすいのは床面で、次にホコリ量が多いのは、背の低いテレビの上など。この2つがホコリの量の8割を占めているので、このゾーンを「日頃のお掃除ゾーン」と考えると良いでしょう。タンスの上などは「大掃除ゾーン」と考え、日頃のお掃除では取りきれないハウスダストを、大掃除でしっかり取り除くことをこころがけましょう。

お掃除の回数で違う

ふだんの床面積掃除頻度とアレル物質の関係

毎日お掃除をしている家と週1回のお家ではこんなにハウスダストの量が違います。

左の表は、お掃除回数とアレル物質との関係を示した実験データです。このデータが実証しているのは、お掃除回数の多い家にはアレル物質が少ないということ。

注目していただきたいのが、ほぼ毎日お掃除を行っているお家(毎日、週5~6回)と、そうでないお家の違いです。そのアレル物質の差は大きく、『毎日のお掃除』の重要性を示しています。家族の健康を守るハウスダスト対策には、毎日のお掃除が大切なのです。


お掃除は、『朝』か『帰宅直後』に!

お部屋のホコリは、人の動きに合せて舞い上がります。そのため、お掃除のタイミングは、朝がオススメ。寝ている間に積もったホコリが舞い上がる前に、サッと拭きとってしまいましょう。外出される場合は、帰宅直後もオススメです。

時間のかからないお掃除

ダスキンモップ

毎日のお掃除には、早くて手軽なダスキンモップ

場所に合せた効率の良いお掃除、毎日続けられるお掃除。この2つを満たしてくれるのがダスキンモップです。

毎日お掃除するためには、手軽なこと、時間がかからないことが大切です。ダスキンモップは、簡単に取り出すことができ、床面や棚を軽く拭くだけでキレイになるので、掃除機などと比べると、お掃除に使うエネルギーは半分以下。さらに、短時間でお掃除をすませることができ、6~8畳のダイニングなら、2分程度でお掃除が完了します。また、用途にあわせた商品がそろっているので、場所にあわせて効率よくお掃除ができます。

また、ダスキンモップはハウスダスト対策としての効能にも優れていて、サッと拭き取るだけで、ハウスダストを含むホコリをしっかりキャッチします。

お掃除方法別の清掃にかかる時間お掃除方法別の清掃にかかるエネルギー

お掃除の後の床を検証

ダスキンモップ

ダスキンモップ表面も溝の奥もすっきり

ペーパーモップ

ペーパーモップ溝の奥にはホコリが残る


一般的なペーパーモップとダスキンモップ、それぞれお掃除したフローリングを比較。同じようにお掃除しても、その差は歴然です。

独自の吸着剤が、床の表面はもちろん、溝に残りがちなホコリまでしっかり取り除きます。

ハウスダストが溜まる場所

空気清浄機『デオ』

手軽に空気中のハウスダスト対策を

お部屋の空気には、常にたくさんのハウスダストが漂っています。そのため、床面や棚のお掃除だけでなく、空気中のハウスダスト対策も必要です。その方法としては、お部屋の換気だけでは不十分で、性能の良い空気清浄機の利用が適しています。

ダスキンのプラズマクラスター搭載 空間清浄機 デオは、目に見えないハウスダストをしっかり除去。ハウスダストやニオイを除去する空気清浄機の機能にウィルスを除去する機能やニオイを取り除くだけでなく壁、クロス、カーテン等の付着臭まで除去することを可能とした商品です。

布団の中のハウスダスト対策

布団の中わたのダニのふん

布団の中には、ダニやカビなどのハウスダストがいっぱい・・!布団の丸洗いでしっかり除去を。

布団の中には、大量のハウスダストが潜んでいます。お部屋や空気をキレイに保っていても、寝ている間にハウスダストを吸い込んでしまっては、ハウスダスト対策としては不十分。ダニ・カビ、汗や皮脂など、干すだけでは取り切れないハウスダストには、水洗いが効果的です。

そこでオススメなのが、ダスキンの布団丸洗い宅配サービスです。プロの技術で、布団の中わたの汚れをしっかり除去します。しかも便利な宅配サービス。家族の健康のために、布団丸洗い宅配サービスを上手に利用しましょう。

布団の中わたのダニのふん

ハウスダスト対策のまとめ

  • 日頃のお掃除は、ハウスダストの溜まりやすい廊下やリビング、トイレ、洗面所を中心に!
  • 床用のフロアモップハンディモップで、お部屋の高さごとのハウスダストを効率よく除去
  • 毎日のお掃除を続けるためには、手軽で早いダスキンモップがオススメ。
  • 空気中布団の中のハウスダスト対策も必須

ダスキンのオススメ商品